マンションの騒音対策

マンションの騒音対策

マンション,騒音対策

マンションは多くの世帯が一つの建物に住んでいます。そのためにいろいろな問題が発生します。マンションで一番多いのは騒音問題です。

 

騒音は厄介なもので、どうしても防げない場合もあります。また、自分では気づいていなくても、下の階の人には大きな騒音となってしまっているケースもあります。建物の構造上、部屋の床が下階の天井になってしまっています。予想以上にうるさいのです。

 

これはマンションを建設する時にも重要なこととなります。騒音対策を後から行うことは大変難しくなります。

 

最近は床に敷くカーペット類が防音対策をアピールしている商品も少なくありません。それだけ需要があると言うことでしょう。

 

子どもがいる場合にはさらに注意しなければなりません。硬い床に物を落とした時には下の階で大きな音になっていることでしょう。また、夜中の子どもの鳴き声がうるさいと問題になることもあります。子どもをのびのびと育てたいと考えているなら、一戸建てが望ましいでしょう。

 

現代人は自分のことが良ければ、周りに文句を言うことが当たり前と思っているのです。共同生活ができない人にはマンションはすすめられません。

 

あなたは今マンションに住んでいますか。

 

騒音問題は法律で解決することではありません。個人毎の感じ方が違うからです。ある人にとっては心地よい音でも、別の人には騒音となることも多いのです。

 

音の伝わり方は2種類があります。空気を伝わる音と固体を伝わる音です。マンションの騒音の場合は固体を伝わる音です。


マンションの騒音の実情

マンションの騒音が問題になることが多いのですが、最近はかなり対策されているのではないでしょうか。騒音問題の口コミサイトなどで実情を見てみましょう。

 

まず、騒音なのかただの大人のかと言うことについて考えてみましょう。

 

うるさいのは犬の鳴き声でしょう。犬を飼っている人にとってはあまり気にならないのかもしれませんが、多くの人にはうるさく感じられます。それが許容限度を超えているかどうかは難しいところです。騒音は個人差が大きいのです。

 

また、ペット可のマンションを選んだ場合は、犬の鳴き声がすることを覚悟しておかなければなりません。騒音が気になるなら、最初からマンションの選び方を考えなければならないでしょう。

 

安いマンションには理由があります。騒音対策を十分に行っていないため、建設費を抑えられたのかもしれません。

 

マンションを購入してしまうと簡単に売ることはできません。そのため、自分や家族の今後のことをしっかりと考えておきましょう。子どもが小さいならば、余計に周りの迷惑にならないようなところを選ぶ必要があります。

 

騒音対策はマンションを建設する時に行わなければなりません。ただ、フローリングなどを使えば、床面の音を抑えることは難しくないでしょう。

 

ピアノの音や子どもの声、動物の鳴き声などは聴く人によって、騒音になることを理解しておかなければなりません。自分がうるさいと感じる音は周りの人も同じように感じていると思いましょう。